コレクション②

アクアラング社のロケットフィンレプリカ?

これは、一番のコレクションです。

私がダイビングインストラクターになった際に記念にとADS(国際ダイビングスクール協会)会長から頂いた物です。

事実を裏付ける物はありませんが、アクアラング社が日本に進出する際に、ノベルティーとして、あのジャック・イブ・クストー氏が来日の際に持ってきたフィンだと言われております。

日本アクアラング ロケットフィン ジャック・イブ・クストー

ラメ入りのゴールカラーで経年変化で更に味が出ています。

素材はラバーでは無く使えません。

完全な装飾品です。

じゃー、いつ頃の物なのか・・・

[日本スクーバダイビング年表より]

1943年(昭和18年):アクアラングのプロトタイプ作製・成功

1950年(昭和25年):日本へのアクアラング輸入第一号

1957年(昭和32年):日本ダイビング協会 設立

1961年(昭和36年):1月、日本アクアラング設立・アクアラングの販売開始

と、あります。

と、云う事は、多分、1959年か1960年と想像していたら、宮内庁のHPに1959年4月28日に「海洋学者ジャック・イブ・クストー夫妻接見」と写真もありました。

クストー氏ご夫妻来日(宮内庁HPより拝借)

で、私の勝手な解釈では昭和59年4月に、日本ダイビング協会へ記念品として持ち込まれ、ADS創設者が東京お台場の船の科学館に歴史的貴重価値の高い品々を寄贈されて展示されている事から、ADS創設者のコレクションの一品であったのではないかと想像しております。

アクアラング Rフィン クストー 裏側

「POPULAR RAPID FIN」と、刻印があります。

なんと・・・

1972年 日本アクアラング社カタログ①

1972年 日本アクアラング社カタログ②

1972年の日本アクアラング社のカタログに掲載されている・・・・

売ってたのか・・・。(汗)

でも、商品の材質的に確実に泳ぐのに使える様な物じゃないですがねー。(謎)

まあー、何れにせよ、私の自己満足なコレクションなんで、割愛ください。

#高知県高知市潜水作業調査潜水潜水士ダイバーダイビング

特集記事
最新記事